エコ・省エネ住宅
人気住宅会社一覧

名古屋近郊版
  • 名古屋市
    PASSIVE DESIGN COME HOME

    日本一に輝いたパッシブデザインで快適&省エネ&健康住宅を実現。

    パッシブデザイン住宅という言葉をご存知でしょうか? 断熱性能は、省エネ基準の1.3倍から1.7倍程度優れた性能を確保した上で、南の窓を大きく取り、冬は太陽熱を室内に取り込み夏は太陽熱を室内に入らないように、事前に計算と日照シミュレーションにより詳細な検討をしたうえで設計された住宅の事です。パッシブデザイン設計者が集まる自立循環型研究会アワードにて最優秀賞に輝き全国でパッシブデザインの講演実績や全国の工務店の商品開発の実績を持つ設計士が自ら設計と計算とシミュレーションをしながらお客様のご要望をカタチにしていきます。

    エコや省エネだけでなく、快適な室温で家族が健康的に過ごせる住宅を提供します!

  • 名古屋市
    ネクストハウス

    高性能住宅 ZEH基準対応の未来の住まいをお手頃に。

    20年 30年と長く住む家で将来を見据えた設計は大切な要素のひとつ。

    そして近年よく聞く高性能住宅のZEH。これは経済産業省が策定した家庭の省エネ化を目的とする住宅性能基準で、

    「夏涼しく冬暖かい。エネルギー消費を抑える高い断熱性」「創るエネルギー量が使うエネルギーを上回る」「電気を自給自足できるので災害時に電気の供給が止まっても安心」とまさに将来仕様のエコな住まいです。

    ネクストハウスは ZEH基準に対応しても坪 39万円から建築可能。

    未来の当たり前をつくるネクストハウスのモデルハウスで、その性能と充実の仕様をご体感下さい。

  • 尾張旭市・大治町
    Faith HOME

    【まるでプリウス!?】光熱費を抑えた低燃費な家づくり

    皆さん、住宅にも「燃費」があるって知ってますか?

    車で低燃費というとガソリン代などの維持費が抑えられるということですよね。

    同じように住宅の低燃費は光熱費やメンテナンスコストを抑えられるということです。

    両者とも初期費用は少しかかりますが、後々のことを考えるとどちらがお得なのかはわかりますよね。

    地球にもお財布にも優しい家づくりを実現しましょう。

  • 小牧市
    ホームランディック一級建築士事務所

    Ua値0.5、C値0.3の高気密高断熱のお家

    地熱回収型換気システムを搭載したホームランディックの高気密高断熱のお家は、夏も冬もエアコン1台で家中暖かいお家です。高性能な吸気フィルターを通って室内に空気を取り入れるので花粉やPM2.5のアレルギーをお持ちの方におすすめのお家です。

    冬暖かいお家は暖房費の削減になるだけでなく、アレルギーやヒートショック対策に大切な事です。命を守るお家を建てましょう!

  • 半田市
    K'z HOME

    自然素材で造られるエコロジーとエコノミー

    エコや省エネを、機械に頼らず、住宅本体の持つ性能で実現します。
    自然の風や太陽で夏涼しく、冬暖かい家は最高ですが、土地の大きさや立地条件として自然の恩恵を受け辛い場合も有りますね。
    そこで、必要なものが、断熱性能です。
    一言に「断熱性能」と言っても、本当の性能は、見かけ上の数値だけでは測れません。
    断熱性能に新しい概念「熱容量」を+して、紙と木材繊維の持つ力を体感してください。
    K'z Homeがこだわる「自然素材による断熱性能」は未来に送る私たちの遺産です。
    自然素材の断熱材や保温材は、普通に暮らすことが、それだけでエコになります。

  • 名古屋市
    和工務店一級建築士事務所

    夏涼しく、冬暖かい、快適・健康・省エネな暮らし。

    日本の断熱性能の基準は非常に低く、快適な暮らしができるものではありません。 建築と医学団体が連携した団体である社)「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」の調査結果によると、断熱性能を高めた場合の冬季における健康の改善結果として 高血圧の改善、脳年齢が若い、健康寿命が延びる、喘息やアトピーの改善、夜間頻尿の改善が報告されており、冬季の室温の改善が健康につながることが実証されています。 断熱を高めることで、快適・健康な室温環境が手に入るだけでなく、光熱費の削減、介護や医療に掛かる費用・ストレスも抑えられます。 イニシャルコストはかかりますが、生涯コストでみればメリットは高く。 「医師と考える健康な家づくり」は、住まい手の健康を守る我々の使命のひとつとして取り組んでいます。

  • 名古屋市
    ザイソウハウス

    自然エネルギーを使って心地いい家づくり

    "冬は暖かく、夏は涼しい。四季を通じて明るく、風が通る。"目指すのはこうした住まいです。そんな住まいを機械設備をなるべく使わずに、自然エネルギーを使って実現させようとするのが、ザイソウハウスの考える省エネルギー住宅であり、心地よさを考えた家です。

    では、具体的にはどうするのか?

    冬の日差しの取り込みや、夏の日差しの遮りは庇の長さの検討が必要です。また、明るさには吹抜けや窓の大きさはもちろんの事、窓の位置によって室内の明るさは変化します。風が通る家をつくるには風がどの方角から吹くのかを調べて、窓の種類や位置を考えなければなりません。

    自然エネルギーを使うことは、光熱費の削減(エアコン等の使用頻度の減少)+風や陽射しを感じられる心地いい空間となると考えます。

  • 名古屋市
    株式会社国松工務店

    空気がキレイで燃費がいいエネパス住宅Ⓡ

    熱伝導率0.020[W/mk]の劣化率の少ない最高峰のオリジナル断熱材を使用しており、工法と技術により冷暖房効果を高めることができます。

    「全熱交換器型循環換気システム+地熱利用」で大きな吹抜けがあっても、1時間/300㎥の空気循環のエアーサイクルで夏は涼しく冬は暖かい温度バイアフリーの温熱環境を保ちながら、外からの花粉やPM2.5などを特殊なフィルターを通しその空気をイオン化することで健康に暮らせて、さらに家計にも優しい省エネルギー住宅です。

建てたい家テーマから探す

TOP